スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イワサキです。


ただいまホームページ作成に時間を取られております。


予想しておりましたが大変です…・


ブログやフェイスブックも更新できずにいます。


仕事は予想以上に現在忙しいのですが


優秀なスタッフたちのおかげで何とか完成しそうです。


5/21に新しいページを告知しますのでしばらくはまだお待ちください。









松鶴堂鍼灸治療院治療部門


広島市東区光町1-11-5 チサンマンション306

広島駅新幹線口より徒歩3分

岩崎先生の診療時間 診療日 9:00~18:30(最終受付)

[休日]   火・祝

■ご予約・お問い合わせ 082-264-7724

■携帯メール予約 24時間ご予約可能 ただし深夜の予約メールは次の日の午前にメールします。
メール予約はこちら

■岩崎先生へ直接ご相談したい場合はおちらに
岩崎先生へのご相談メール





今年もよろしくお願いします

イワサキです。


院は5日からあけたのですが例年より忙しく


本日までブログなどできない状態でした。


毎年正月は中国に行くので長期休みを取るのですが今回は行かなかったので


患者さんが1回飛ぶこともなくスムーズに流れたため混みあった感じです。


本日からようやく落ち着きましたのでお断りした方は申し訳ありませんでした。


特に不妊部門は慢性的に混み合っておりますので今後も予約は


お早めにお願いしております。


本年度は特に不妊治療に力をいれるべく


全スタッフ毎月勉強会を開き情報の交換をおこなっております。


院長の私も本年度は不妊治療に力をいれるべく毎日本を読んでは


新しい知識の吸収に励んでおります。


現在は私が治療をする場合は緒方先生ができるだけ間に入ってもらい


問診を取っていますので遠慮なく色々話してほしいと思います。


また次回は続き物の中国研修の話をしたいと思います。



松鶴堂鍼灸治療院治療部門


広島市東区光町1-11-5 チサンマンション306

広島駅新幹線口より徒歩3分

岩崎先生の診療時間 診療日 9:00~18:30(最終受付)

[休日]   火・祝

■ご予約・お問い合わせ 082-264-7724

■携帯メール予約 24時間ご予約可能 ただし深夜の予約メールは次の日の午前にメールします。
メール予約はこちら

■岩崎先生へ直接ご相談したい場合はおちらに
岩崎先生へのご相談メール

中国留学2

イワサキです。


今回は私が中国留学を決めた理由についての投稿です。


もう今から20年前になるんですね……


大学3年生の時です。


3つの進路にて悩んでおりました。


1、経絡治療家の先生の所に弟子入りする。


2、柔整の学校に行く。接骨院のことですね。


3、中国へ留学する。


これ以外の選択肢はなくこの3つで相当悩んでおりました。


どちらにしても修行時はお金はかかりますね。


2の柔整はただ柔道を長年してきたことからのつながりでして


早い段階で行くのはやめようと思っていました。


今思えばこの2を選択しなかったことは非常に正解でした。


1と3で最後まで悩んだのですが


最終的には広い世界を見てみたいということから


弟子入りという狭い世界で経験を積むより


中国にて鍼灸だけでなく様々なものを吸収できる


という期待感が弟子修行を上回りました。


これも今思うと中国へ行けたことは


鍼灸の修業はもちろんのこと


中国語を学べたこと


様々な国から来た留学生や日本人との交流など


考えれば大正解だったと思います。


向こうの方と結婚できたことが一番の収穫かもですが。



続き




松鶴堂鍼灸治療院治療部門


広島市東区光町1-11-5 チサンマンション306

広島駅新幹線口より徒歩3分

岩崎先生の診療時間 診療日 9:00~18:30(最終受付)

[休日]   火・祝

■ご予約・お問い合わせ 082-264-7724

■携帯メール予約 24時間ご予約可能 ただし深夜の予約メールは次の日の午前にメールします。
メール予約はこちら

■岩崎先生へ直接ご相談したい場合はおちらに
岩崎先生へのご相談メール

イワサキです。



12月になりましたね~~。



今年はホントいろいろありました。



松鶴堂としては最大スタッフ4人に増加。



5人でしていてきづくのは私的には管理的にこの人数で限界だなと。



5人で来年もやっていきたいと思います。



正直スタッフのレベルは現在過去最高です。



私を含め5人ともそれぞれの役目を全うしております。



さて



12月23日は祝日ですが診療いたします。



しかも31日まで診療し5日から診療開始です。



来年度は中国へ行くので多くの休みをいただきますので



今年は働こうと思っています。








 はりとお灸で健康のサポートを 


   松鶴堂鍼灸治療院治療部門



広島市東区光町1-11-5 チサンマンション306


広島駅新幹線口より徒歩3分




岩崎先生の診療時間

[診療日] 9:00~18:30(最終受付)

[休日]   火・祝



■ご予約・お問い合わせ


082-264-7724



■携帯メール予約<24時間ご予約可能>

ただし深夜の予約メールは次の日の午前にメールします。



メール予約はこちら




■岩崎先生へ直接ご相談したい場合はおちらに

岩崎先生へのご相談メール









院長紹介

msg_page_51941[1]


日本国大阪府城東区出身
明治鍼灸大卒
上海中医薬大学専科卒
中国の鍼灸師の資格である中医師取得
柔道2段(20年間してました)
楊式太極拳(王老師に師事)
日本の鍼灸師資格である鍼灸学士取得
上海中医学会会員(日本人で初の)
上海鍼灸学会会員(日本人で初の)

gakusyuo


高校生までは大阪で過ごすその当時日本では唯一であった京都の4年生
明治鍼灸大学に入学し3年次に上海中医薬大学に短期留学3年の終了
時に国家資格を受験鍼師灸師の国家資格を取得する(上写真)
3年次に留学した上海にてカルチャーショックを感じる東洋医学の
奥深さ・難しさ・複雑さを感じ中国留学することをを決意
また大学まで柔道をしており京都の初段の部で3位に入賞し弐段になる
柔道はずっと弱かったですが続けていたことで身体のさばき方がわかり
現在の鍼技術にも応用できているのではと自分なりに思っている

mei


明治鍼灸大学卒業後鍼灸学士取得。
卒業証明(上写真)
4年次には主に留学をひかえているため
中国語や中国医学の基礎理論を独学
明治鍼灸大学卒業後は兵庫県立尼崎病院東洋医学科に2年勤務
するかたわら某整形外科で準勤務。このとき日本における
東洋医学(鍼灸・漢方)のあり方について学ぶ。研究助手をつとめ
研究の重要性を理解する。漢方薬の重要性も知る。
病院にて鍼灸臨床もおこない病院における鍼灸の大事さを知る。
また強く鍼灸と漢方の融合性を感じ東洋医学の大事さを知る。
この時期に将来は東洋医学総合治療を実践したいと深く思う。
またこの時期は留学を控えた時でしたので非常に非常に貧乏でした。
針治療では当時稼げなかったので肉体を使い稼いでましたが
楽しかったです。周りの同級生は鍼灸師としてすでにがんばって
治療していましたので嫉妬・コンプレックスもずいぶんありました時期です。

gakuseisyo


日本の上海中医薬大学専科(3年)に入学し2年分の単位を
日本において取得する。
上海中医薬大学の学生証(上写真)
その当時推拿や気功に興味をもっており
上海中医薬大学日本校の孫先生から推拿や気功を学ぶ上海で
おこなわれた世界気功学会にも参加する。
中国に行くか日本でこのままどこかで働くかを毎日考えていました。
今思うといって大大大正解であったと思うのですが・・・
ウジウジとかんがえることで自分にとっても1番だらしないと思う時期です

kaiin.jpg


結局夢をあきらめられず仕事をやめて中国・上海に渡り上海にて
上海中医薬大学専科3年目をむかえる。
講義では中医学理論、鍼灸、漢方薬、古典などを1年間学ぶ。
臨床では鍼灸経絡研究所でバセドー病、パーキンソン、喘息、
インポテンツ、頻尿、性病の臨床を学ぶ。曙光病院では主に
脳・神経系疾患の治療法を学ぶ。南京西路の医院にて中医診断学
(脈・舌)を学ぶ。また上海中医薬大学の単位を取得し卒業テストに
合格し卒論である喘息についてもみとめられて無事卒業。卒業証明(上写真)
また特別に上海中医薬学会から中医鍼灸師として認定をいただく。
今までの人生のなかで最高であったと思える1年でした。
もっと借金をしてもう少し楽な留学生活を送るのもよかったかもですが
貧乏な生活を送ることで逆に中国の本当の姿がみれたのかと思うと
やはりお金がなくてよかったのかなと思うのです。
まあお金があれば生活は楽になりましたけど・・・
とくにクーラーのない夏は苦しかったですね。


その後さらに1年延長し中医薬学会からの斡旋において上海の病院
において研修をおこなう。上海中医薬学会証明(上写真)
鍼灸は地段医院にて主に運動器疾患の鍼灸治療を学ぶ。
上海市中医医院にて中国整体・推拿治療を学ぶ。王老師から
楊式太極拳を学ぶ。また湖南省や広州などに旅を兼ねて病院の見学に赴く。
2年間中国上海で中医学・日常生活を満喫する。なんとか無理して中国
の滞在を1年延ばしたことでこの1年のおかげで今の私があるのだと思うのです。太極拳をしっかり学んで修行した経験が現在気というものを理解でき
治療にそれをいかせているんだという自負があります。
幼少から続けていた柔道がここで太極拳とまじわり私にとっての
治療家としての体つくりの基礎ができたものと思います。

tyuuisin.jpg


上海鍼灸学会証明(上写真)
中国在学時には毎年あった上海鍼灸学会に参加。日本人鍼灸師へ
の簡単な通訳や手伝いをおこなう。上海岳陽医院にて椎間板ヘルニア
の推拿研修に参加する。
北京の望京医院にて糖尿病に対する中国鍼法の見学。現在も年に
1回中国(北京・天津)に出かけています。中国研修は毎年正月の休みを
利用して行なう予定です。
日本に帰ってからも3年くらいはいろんなツテが残っていましたのでそれを
利用していろんな場所での研修ができました。
これによって坐骨神経痛の治療を会得できたのも今となっては財産です

kan.jpg


平成11年4月日本に戻り、島根赤名の地で開業する。島根では痛み
疾患が多かったのでそこでの経験からギックリ腰などの痛み疾患には
非常に強くなる。ギックリ腰なら松鶴堂というフレーズが地元民から産まれる。
平成15年には広島県三次市へ出張所をオープンしさらに研究を続けて
いく結果広島全域から患者さんが来院される。三次の患者さんより広島の
患者さんが増えるに従い三次閉院し広島市新幹線口に平成16年6月移転。
広島と島根にて中国鍼灸の普及のため活動開始。さらに平成18年7月に
7階から3階に移転しよもぎ蒸し治療をスタート。
この時期はホントあわただしい7年間だったと思います。島根、三次、
広島7階店舗と3店舗を開けては閉めてと身体的にもつらい時期では
ありましたが若かったのか身体はもちました。今は休まないとだめですが・・・

hata.jpg

平成19年度は刺さない針のスタート、主に婦人病の治療に力をいれる。
愛知の眼科鍼灸専門の千秋鍼灸院さんと連携治療をはじめる。
眼科鍼灸の中でも加齢性黄班変性症の鍼治療に力をいれる。
年末には北京・天津へ鍼灸の勉強にでかけ様々な治療法を研修。
平成20年以降も毎年1回の中国研修は継続していきます。
(うちは奥さんが中国人なので里帰りも兼ねているからできること
なんでしょうね。)
自分で言うのも何ですがこの時期の8年目から技術が急速に進歩します。
広島ではさまざまな患者さんが来られていましたので毎日毎日が修行の
ようなものでした。

iriguti.jpg


平成21年8月からは美容部門スタート。
当院スタッフの板楠にまかせおこなっております。23年度4月には美容治療
専用の部屋を別場所7階に移し準備中です。また副院長として鍼灸師を
雇い任せていきます。美顔、小顔、リフトアップ、眉間のしわなどの美顔針。
冷え症、美肌、ストレスのよもぎ蒸し。耳ツボダイエット。足のむくみに足ツボ
と温灸。O脚矯正、骨盤矯正などなど。
ぜひ疲れたときなどに1度お試しください。
効果に満足していただけるようがんばります。23年度からは治療室を
さらに拡大し治療と美容を完全に分けて集中します。
現在常勤スタッフは1名ですが4月からは2名になりさらに有限会社松鶴堂
として更なる発展を目指したいと思います。
平成23年10月現在スタッフはとうとう4名になりました。
今後は広島市内にて分院計画があります。
ますます頑張って成長していきたいと思います
プロフィール

松鶴堂院長・岩崎和彦

Author:松鶴堂院長・岩崎和彦
私がしている治療内容などに
関して詳しく書いたHPです


松鶴堂治療院 治療部門


松鶴堂治療院 美容部門


松鶴堂治療院携帯サイト

空き時間のお知らせ

松鶴堂鍼灸院ブログ


予約キャンセル専用メール 
syoukakudou@ezweb.ne.jp
24時間受付。深夜の予約の場合は早朝に返信します。


来院がよくある患者さんの地域には

広島市(東区、中区、西区、南区、安佐南区、安佐北区、佐伯区・安芸区)府中町、・呉市・東広島市・福山市・尾道市・三原市・三次市・廿日市市・庄原市・府中市・竹原市・大竹市・江田島市・因島市・松江市・出雲市・浜田市・大田市・米子市・岩国市・安芸郡(坂町、海田町、熊野町)・安芸高田市・周南市・山口市・宇部市・岡山市・倉敷市・松山市・今治市・高松市・香川・高知・徳島・愛媛・福岡・神戸などから来院

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。